【漫画】ダーウィンズゲーム 7巻の感想(ネタバレあり) 「成功した救出作戦と失敗した救出作戦!そしてカナメは覚醒する」

 

感想(ネタバレあり)

 

今巻では2つの救出作戦が行われます。

1つ目はサンセットレーベンズによる「カナメ救出作戦」

そして2つ目が同じくサンセットレーベンズによる「シノヅカ救出作戦」です

 

どちらも成功すれば良かったのですが、2つ目の方は最悪の結果となってしまいます。

まあ、その失敗のためカナメが覚醒したのは皮肉ですけどね。

 

第6巻の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

【漫画】ダーウィンズゲーム 6巻の感想 「サンセットレーベンズ初陣」

 

第6巻では宝探しゲームが終了し、カナメが優勝を飾る一方、王率いるエイスに狙われるようになります。

カナメはエイスに対抗するため自前のクラン「サンセットレーベンズ」を旗揚げ。

しかしカナメは謎のDゲームプレイヤー「劉 雪蘭」に捕らえられ、サンセットレーベンズはカナメ救出作戦を発動したところ終わりました。

 

 

カナメ救出作戦は見事成功!さらに劉 雪蘭が仲間に

劉 雪蘭に捕らえられたカナメを救うべくカーチェイスを繰り広げながら劉たちと戦うサンセットレーベンズです。

 

サンセットレーベンズの方が数で有利なはずですが、劉相手にほとんど足も手も出ない状態。

たぶんシュカ達が弱いのではなく、劉が強すぎなんでしょうねぇ。

 

このままだとサンセットレーベンズの敗北濃厚。

ここでカナメは人質のくせにシュカとの連携することに。

もちろんテレパシーとかでシュカと通じ合うことはできません。

 

カナメがやったことはワインの瓶をシュカに見せただけ。

それだけでカナメの意図を察し、スイに命令できるシュカは普通に凄いです。

 

もちろん作戦を思いついたカナメも凄いですけど、ここではやっぱりシュカの方を褒めるべきかと。

 

結果的に勝負はサンセットレーベンズ側の勝利。

そして劉 雪蘭がサンセットレーベンズに加入すると言い出します。

目的は当然カナメのようです。

 

劉曰く、カナメは臥竜と呼ぶには未熟だが、鳳雛ではあるかもしれないと。

いやいや、カナメをホウ統となぞらえる時点で間違っとるわ。

カナメはそこまでの人物ではないと思いますけどねえ。

 

さて劉のサンセットレーベンズへの加入要請。

劉を信頼できないサンセットレーベンズのメンバーは大反対しますが、カナメの一存で加入を承認し、あることを劉と約束することに。

 

その約束はカッコいいと言えばカッコいいですけど、同時に「カナメってやっぱり甘いわ」と思う内容でした。

 

これぐらいがカナメの限界なんでしょうかね?

まあ、今巻の最後でカナメの意識が変わり、二度とこんな甘い約束しないようになったと思いますけど。

 

王の挑戦状にカナメは激怒!だって王のせいでシノヅカは…

第6巻の最後でカナメの学校に乗り込んだエイスのケーイチ君。

どうやらシノヅカを人質にしたようで、動画サイトにシノヅカの動画をアップし、それによってカナメを引きずりだそうとします。

 

ある意味、王からカナメに対する挑戦状みたいなものですね。

動画の中身はあんまり気持ちいいものではありませんけど。

 

だってシノヅカの指が王に…される動画なんて誰もみたくありませんよ。

 

 

 

[ad]

エイスVSサンセットレーベンズ…の前にエイスVS警察が始まる

明らかに犯罪であるDゲーム。

それを止めるために刑事のおっさんと綾小路警視が動き始めます。

ただしこの二人がまずやったことは警察上層部に危機感を持ってもらうこと。

そのために警察官が殉職することも厭いません。

 

犠牲が出ることを承知で情報を流し、エイスが籠る倉庫を包囲させる綾小路警視。

まあ予想通り、エイスのケーイチ君一人相手に何人もの警官が犠牲になってしまいます。

 

実際に被害が出ないと警察上層部は動かない。

自身が警察のエリートだからこそそれがわかる。

だからわざと犠牲を出すようにした。

綾小路警視、無慈悲ですがこれしか方法がなかったのでしょうねえ。

 

おっさんと綾小路は同時にカナメとも接触しますが決裂することに。

まあ、これも綾小路警視の予想通りだったようですが。

 

これが後々どんな風な影響を与えるのでしょうかねえ。

 

 

シノヅカ救出作戦始まる!そしてシノヅカもDゲームへ参加

 

シノヅカ救出作戦。

その内容はシノヅカをDゲームに参加させて転送させること。

Dゲームの仕様を利用して救出しようと考えたようです。

 

ただシノヅカの指は王にあれされちゃいましたからねえ。

スマホを操れるかハラハラドキドキでしたが、シノヅカはDゲームへの参加に成功。

そしてかなり良いシギルを引き当てたようです。

 

これはシノヅカがサンセットレーベンズに加入して、戦力増強フラグ?

いいえ、ただの死亡フラグでした?

 

シノヅカを殺そうとしたエイスのシンジの撃退に成功したシノヅカでしたが、王相手ではどうしよもなかった模様。

 

シノヅカは変わり果てた姿でカナメと対面することになります。

カオスチャイルドで主人公の義理の妹である結衣の成れの果てを彷彿とさせますわ。

 

 

シノヅカの死。

これでカナメは覚醒したようです。

まあ、今までがあまちゃんだったので、これでようやく主人公らしくなったかも。

 

 

[ad]

王の残忍さと洞察力の鋭さと人たらし能力が素晴らしいことがよくわかる

さてこの7巻。

随所で王の残忍さや洞察力の鋭さと人たらし能力が凄いことがわかります。

 

例えばケーイチ君を仲間にする時の話。

空手の試合で間違って相手を殺してしまったケーイチ君。

自暴自棄になりかけてたところを王にスカウトされます。

 

王はケーイチ君の苦しみの元を見抜き、それを解消する方法を伝授してケーイチ君を心酔させます。

まさに心の隙間に入り込む詐欺師のような手口ですが、それでケーイチ君を苦しみから救って上げましたからねぇ。

 

またシノヅカを人質にしてカナメをおびき出そうとしましたが、それもカナメの性格をしっかりと掴んだ上で決めたようです。

 

確かに王が言う通り、カナメの性格を考えれば救出しようとしますからねえ。

ホント王さんの洞察力ハンパないですわ。

 

あと王の残忍さは健在。

これがなくては悪役とは言えませんから。

 

 

 

終わりに

カナメ救出作戦は成功し、シノヅカ救出作戦は失敗した今回。

シノヅカの死は残念ですが、これでカナメが覚醒し、エイスを容赦なく潰す決断ができるようになります。

 

次巻8巻ではエイスとの決着がつき、また新しいお話が始まります。

第8巻の感想記事はこちらからどうぞ。

【漫画】ダーウィンズゲーム 8巻の感想(ネタバレあり) 「サンセットレーベンズとエイスの戦いが決着!そして新しいストーリーが始まる」