【漫画】五等分の花嫁第3巻の感想(ネタバレ一部あり 画像無し) 「風太郎のピンチ!!それを救ったのは?」 

 

 

感想(ネタバレあり)

 

第3巻です。

今巻では風太郎が大ピンチに。

まあ、金貰っているですから

結果を求められるのは当然。

 

でも5つ子が一つでも赤点取ったら

首って厳しすぎます。

 

だいたい風太郎に好意的な

一花、美玖、四葉だって無理そうなのに

反風太郎の二乃や五月に至っても

直接教えることだって困難のに。

 

まあさすがにここで首になるとは

思ってませんでしたけど、

ちょっと意外でしたね、

風太郎の首が繋がった件は。

 

なお第2巻の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

【漫画】五等分の花嫁第2巻の感想(ネタバレあり 画像無し) 「5人と風太郎はパートナーです」
第2巻は長女の一花がメイン。他の姉妹への隠し事を風太郎に知られてしまいます。そして花火を一緒に見られないと言う一花。風太郎や他の姉妹が取った行動は?

 

第2巻は一花メイン。

一花も風太郎に惚れた可能性が。

 

第15話の感想 「厳しい条件出されて風太郎涙目」

中間試験直前の風太郎。

その風太郎に5つ子の父親から電話が。

そして5つ子の父親から想定外の条件を出されてしまう。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

 

この話、

前半は風太郎と5つ子それぞれの関係が

端的に表されていてわかりやすいです。

 

一花、四葉は風太郎に融和的。

美玖は好意的。

二乃は無視。

そして五月は反発。

 

この中だと五月との関係が

かなりヤバいです。

 

何しろ最初の印象が悪すぎて

それが感情的なしこりになってますからね。

 

さらに歩み寄ろうとすれば

売り言葉に買い言葉になってしまうし。

 

風太郎と五月って

相性が最悪なんでしょうね。

そうとしか思えません。

 

ただ卒業までまだ時間があるので

そのうち関係が改善するかも…

風太郎はそう考えていたのでしょうけど、

そうは問屋が卸しません。

 

そりゃあ5つ子のパパも

お金を支払っているのです。

この先風太郎に任せても大丈夫か

判断する材料が欲しいはず。

 

だから厳しい条件を出したのでしょうね。

 

五人のうち一人でも赤点取ったら

君には家庭教師を辞めてもらう

 

 

風太郎、

顔に出過ぎ。

 

あんた最初は

家庭教師嫌がってたのに。

 

 

第16話の感想 「一番知られてはいけない奴にバレちまった」

5つ子の父親から、5つ子が1つでも赤点取ったら首と宣告された風太郎。

時間を惜しんで、5つ子に勉強を教える必要があるが、その場にいた五月と喧嘩してしまうことに。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

風太郎としては

今更首になるのはマズいようです。

何しろ高額のお給料貰ってますからね。

妹のらいはのためにも

続けたい気持ちはわかります。

 

そして何やかんや言って

5つ子のことが心配なんでしょうね。

色恋的にではなく、

家庭教師の先生として。

 

性格的に難がある風太郎ですが

その生真面目さから

5つ子のことがほおっておけないのだと

思います。

 

これは第2巻で

マンションに入れなくなった二乃と

一緒に過ごしたり、

一花に世話を焼いたシーンも見れば

わかります。

 

ただ風太郎も高校生。

感情的になりやすいのが

偶に瑕。

 

特に五月とは

また感情のぶつかり合いを

してしまい、

関係が悪化する事態に。

 

今は勉強を教えなければ

いけないところなのに。

 

さらに悪いことに

五月に化けたあいつに

5つ子のパパから出された条件を

知られてしまいます。

 

「あいつ」という書き方で

誰だかすぐにわかるでしょうけど、

本当に想像通りの奴なのかは

是非コミックスを買って判断してください。

 

この部分、

アニメでも楽しみですね。

声優さんがどこまで

声を寄せることができるか。

 

 

第17話の感想 「ハーレム要素しかない」

5つ子のマンションで泊まり込み勉強会をすることになり、風太郎もマンションに泊まることに。

そして勉強することになるが、なぜか風太郎の女性の好みの話になり…。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

男女が一夜を共にする。

何もない訳ありません。

当然といえば当然の流れになって

多くの読者がドキドキしたはず。

そんな話です。

 

しかしまあ、

五月以外はみんな風太郎に興味深々ですねえ。

美玖はすでに落ちているのは

仕草や様子で一目瞭然ですけど、

二乃もこっそり話を聞いているなんて。

 

このツンデレめ、

と言いたくなります。

 

あと一花、

自分も風太郎に興味があるくせに

なぜか美玖のアシストばかり。

 

一番上の姉といて

妹の恋を成就させたいのでしょう。

でも同時に

風太郎に惹かれている自分も

わかっていそうだから

後々その狭間で苦しむの確定だと

思います。

 

四葉は風太郎に

純粋に興味があるだけのような感じ。

そこまで異性として

認識してないのかも。

せいぜいお兄ちゃん的な

感覚のような気も。

 

当然四葉も気持ちが

色恋に代わっていくでしょうけど。

 

こうやってみると

ホント風太郎中心の

ハーレムが形勢されそうな

勢いです。

 

なまじライバルが

実の姉妹だから

普通のハーレムよりヤバそうですが。

 

 

第18話の感想 「素直になれない二人が素直になった」

美玖のベッドを借りて寝ていた風太郎だが、朝起きるとその横には…。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

 

ラブコメによくあるシチュ。

朝起きたらヒロインが横で寝ていた。

実際に起きたら

心臓飛び出るくらいびっくりするでしょう。

 

まあでも今回は仕方ありません。

もともとここは美玖のベッド。

寝ぼけた美玖が風太郎に貸していたことを

忘れるなんて当然ありえます。

 

これはこのまま、

風太郎と美玖の仲が進展する

ストーリーだな

多くの読者は思ったはず。

 

私もそう思ってました。

それがなぜか

風太郎と五月が一緒に

勉強することになるなんて。

 

まあ、至るところにフラグが

立ってましたから、

こうなる可能性もあるかな?とは

思ってましたけどね。

 

でも三玖押しの私としては

三玖との仲が進展して欲しかったです。

 

しかしそうは言っても

良いストーリーではありますわ。

素直になれない二人が

嘘を分かっていて

あえてそれを受けいれる。

 

意地っ張りの二人らしい

お話ですし、

読者はちょっとニヤニヤするかも。

 

第3巻の中では

私はここが一番良かったです。

 

 

第19話の感想

5つ子が風太郎に100点の答案用紙を見せる。

当然そんなことがあるはずもなくすべて夢。

目を覚ました風太郎に悪夢のような現実が襲う。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

漫画やアニメで

定期試験のお話の時に

高確率で発生する

寝坊ネタ。

 

今回はまさにそれ。

そして寝坊した時に限って

いろいろな問題が生じるものなのです。

 

当然5つ子の前にも

大きな問題が。

 

ただ風太郎が一生懸命

勉強を教えた成果がちょっとだけ

垣間見えます。

 

風太郎嬉しかったでしょうね。

 

でも時間は待ってくれません。

すでに遅刻の時間。

さらに校門前には生活指導の教師。

 

絶体絶命、

しかし風太郎の悪知恵が

冴え渡り、

5つ子は無事試験へ。

 

でも良く考えれば

定期試験ってことは

生活指導の教師もわかっていますよね。

 

当然遅刻しても

少しお小言言った後に

すぐに解放されると

思いますけど。

 

ちょっと話に無理が

あったかもしれませんねえ。

 

ただドッペルゲンガー作戦は

面白かったですけど。

 

 

第20話の感想 「風太郎のピンチをあいつが救う」

定期試験を受ける風太郎。

しかし風太郎の頭の中は5つ子の試験ことばかりに。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

 

さあ、運命の時です。

1つでも赤点あったら

風太郎は首。

 

っそいて結果は…。

 

まあ、そうですよね。

期間が短すぎました。

 

赤点回避できた教科が

5人に1つずつあっただけでも

ある意味凄いことですけど。

 

五月は風太郎に教えてもらった

理科だけ赤点回避してます。

やっぱり風太郎教え方上手いのですね。

そして五月はやればできる子だと

思いますわ。

 

でもこれで風太郎は首決定。

約束なので仕方ありません。

 

5人に勉強のアドバイスをする

風太郎。

 

風太郎の最後に心遣いなんでしょう。

 

しかし事態は急転します。

まあ、あいつの言葉を信じた

5つ子パパがそれを

受け入れただけですけど。

 

案外5つ子パパは

あいつの嘘に気付いていたのかも。

でもあいつが嘘をつくくらい

風太郎との信頼関係ができていることに

気付き、

しばらく泳がせることにしたのかも

しれませんね。

 

 

第21話の感想 「四葉の告白は本当に嘘?」

三玖の作ったコロッケを食べる風太郎と四葉。

それを食べた二人は…。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

 

 

風太郎への好意が

一番わかりやすい三玖。

まずは風太郎の胃袋を

掴んでしまおう…という訳では

ないでしょうけど、

風太郎に手作りコロッケをふるまいますが。

 

何か最近は

料理ができないキャラって

増えましたね。

 

でもそれも魅力に一つに

なってしまうから不思議です。

 

さてこの話、

この後三玖が風太郎を介抱し

二人の仲が縮まるという展開を

期待したのに、

いつの間にか四葉がメインに。

 

そしてまさかの告白!!

 

前述した通り、

四葉の幸太郎への好きは

loveではなくlikeとだと

思ってましたが、

この話を見てわからなくなってきました。

 

ホント女心は

男にはわかりません。

この話を読んでそう思いました。

 

 

第22話、第23話の感想 「各ヒロインの思惑が渦巻く林間学校へのプロローグ」

林間学校直前、三玖は一花に頼まれて、一花の格好をしてある生徒と会うことに。

 

五等分の花嫁第3巻より引用

 

 

 

風太郎たちの学校の

林間学校にはある噂が。

 

それはキャンプファイヤーで

一緒に最後に踊っていたカップルは

結ばれるというもの。

 

二次元創作物ではよく聞くやつですが

現実ではこんな話聞いたことね~よ。

 

ただ当然これを意識するヒロインが。

 

ただひょんなことから

風太郎の踊る相手は一花になりそうな気配。

 

まあ、全部三玖の言葉が

原因なんですけど、

後で後輩しそうな気がしますね。

 

一応三玖は

一花だったら大丈夫と

信じていそうですが、

その一花が。

 

あと四葉が引っ掻き回しそうな

気配がします。

 

風太郎が一度は諦めた林間学校。

風太郎的にはそのままらいはの

看病をしていた方が安寧だったと

思いますけどねえ。

 

まあ漫画なので

こうなるのは仕方ありませんわ。

 

 

終わりに

 

最後に1ページのおまけ漫画が

あって今巻は終了です。

 

ちなみにおまけ漫画の題材は料理。

まあ、消去法でそういう風になりますよね。

他の姉妹に任せたら

確実に薬か病院の世話にならなければ

いけなくなりそうなので。

 

 

次巻は林間学校本番。

と言いたいところですが

予告見ると

何か5人+風太郎だけの林間学校に

なってる気がします。

 

次巻も楽しみですわ。