【漫画】五等分の花嫁第5巻の感想 「風太郎があの子にプロポーズしちゃった」

 

感想(ネタバレあり)

 

今巻では風太郎が三玖にプロポーズしちゃいます。もちろん本気ではなく、おままごとの中での話なんですけどね

 

でも大好きな風太郎からのプロポーズ。プロポーズされた三玖、ホント良い顔してましたわ。

 

また今巻では四葉にもスポットライトが当たります。5つ子の中で風太郎のことをどう思っているかわかりずらかった四葉ですが、やっぱり…って感じです。

 

第4巻の感想を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

【漫画】五等分の花嫁第4巻の感想 「楽しい楽しい林間学校になるはずだったのに」
今巻は林間学校がメインの話に。キャンプファイヤーで風太郎と手を繋いでいるのは5人のうち誰なんでしょうか?

 

 

第4巻は林間学校がメイン。

キャンプファイヤー終了時に風太郎と手を握っているのはあの子だと思ったのに、まさかの全員って…。

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁5巻 第33話の感想 「一花の立ち位置がブレブレ」

林間学校での風邪が悪化した風太郎は入院することに。

そこに二乃がやってくるのだが…。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

入院した風太郎を5つ子が見舞う。よくあるシチュですが残念ながら5つ子は別の用事で病院にやってきて、風太郎のお見舞いはついでという感じ。

 

でも当然5つ子の中には風太郎の見舞いの方が本命という子もいる訳で…。いやはや、三玖が本腰入れ始めたことで一花も何か本気になったような気がします

 

一花のスタンスは妹である三玖と風太郎とくっつけるというもののはず。しかし行動は全く逆で風太郎を自分のものにする気満々。

たぶん一花の本能がそうさせているのでしょうね。

 

風太郎は渡したくない

 

もうね、一花ももっと素直になればいいのにと本気で思います。妹のことも大事でしょうけど、自分の心に嘘ついてはだめですわ。

まあ、一花も自分の心については気付いているようですけど。

 

そういえばこの話の中で風太郎はラスボスと会うことになります。まあこの作品のラスボスは当然5つ子の…な訳で。

 

でもそのラスボスは風太郎の初恋の相手とも関係ある人物。

ということは…。

 

五等分の花嫁5巻 第34話の感想 「フータローとある少女の出会いのお話」

風太郎の病室を訪れた五月は、風太郎が勉強する理由を聞くことに。風太郎はそれを説明するために昔話を始める。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

第33話のラストから続くお話。

あのラストとこの話の中での展開を見ればやっぱり風太郎の初恋の相手は五月なんじゃね?と思いますね。

 

さて風太郎の昔話ですが、まさか宇宙人の侵略で唐突に終わるなんて。

この流れは読めんかった。

 

って、さすがに昔のことを全部話すのは風太郎も恥ずかしかったのでしょうね。だから宇宙人の侵略という訳わからん話で誤魔化したと。

 

でもそれまでの話で五月は思うところがあったのでしょう。初恋の子のセリフと五月のセリフが重なり風太郎の目が開きっぱなしになるところ好きですわ。

 

 

五等分の花嫁5巻 第35話の感想 「0点のテスト用紙の持主は?」

全教科0点のテスト用紙を見つけた風太郎。

風太郎によるこのテスト用紙の持主探しが始まる。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

この話は推理回を装いつつ、実は…ってお話です。0点のテスト用紙の持主を探し出す話だったのに。

しかしまあ、あれだけのことから風太郎の真意を見抜く五月って結構鋭いかも。案外一番風太郎のことをわかっているのは五月かもしれませんね。

 

三玖と違って風太郎への好意は表してませんが、第1巻で最初に勉強を教えて欲しいと言ったの五月ですし。

 

あの時、風太郎が拒否してなければ五月ももっと素直だったはずなのに。あれでいろいろ狂ったような気がしますわ。

 

あと風太郎さん、5つ子は目でかなり判別できると思いますよ。

 

五等分の花嫁5巻 第36話~37話の感想 「フータローと四葉のデート」

勤労感謝の日、一花と三玖の誘いを断った風太郎。

しかし妹らいはから、林間学校で手伝ってもらった四葉を労うように言われ、四葉と出掛けることに。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

四葉メイン回です。

風太郎に最初から融和的だけど、風太郎に惚れているかどうかイマイチわからない四葉。

そんな四葉を労うために風太郎が一緒に行動(事実上のデート)するのですけど、ラブコメ定番のドタバタに巻き込まれます。

 

やっぱりヒロインの1人とデートをするともれなく他のヒロインとエンカウントするというのはお約束

 

今回も5つ子の残りと出会うことになります。もし四葉とデートしていることがバレたらどんな目に合うか。ホントハラハラドキドキですわ。

 

その一方、四葉は四葉でハラハラドキドキする場面が。あの時、一花って気付いていたのでしょうかねぇ。

 

まあそれはともかく、最後のシーン、四葉はあるものを風太郎から貰いますけど、あれは風太郎のものだったから嬉しかったのか、別に風太郎のものでなくても良かったのかイマイチわかりづらかったです。

 

たぶん前者だとは思いますけど。

 

あと試着室のシーン。あれ風太郎のセリフですよね。ということは、あそこがアニメ化されたらCV松岡禎丞さんによる四葉のモノマネが聞ける可能性が。

 

アニメでは是非カットせずにやって欲しいです。まあここまでアニメになるかはわかりませんけどね。

 

 

五等分の花嫁5巻 第38話の感想 「フータローが三玖にプロポーズしちゃった?」

一花の所属事務所の社長の娘を世話することになった風太郎、一花、三玖。

社長の娘の希望でおままごとをすることになるのだが。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

さあ、来ました。

風太郎が三玖にプロポーズする話です

前述したようにおままごとの一環ですけど。

 

ただ実は風太郎のプロポーズの前に三玖さん、ちゃっかり告白しているのですよ。風太郎はおままごとの中での話だと勘違いしてますけど、三玖は本気でしたよね?

 

ライバルである一花の前で告白とプロポーズ。一花は気が気でなかったでしょうね。ただここでハーレムエンドになりそうなセリフが

 

ファンとしてはハーレムエンドが後腐れないと思いますが、どうなるんでしょうねえ。まあ、本当にハーレムエンドになったら、ネットで叩かれそうですけど。

 

五等分の花嫁5巻 第39話~41話の感想 「二乃VS五月が始まる」

些細なことから喧嘩を始める二乃と三玖。

ところがそれが二乃と五月の喧嘩になってしまい…。

 

五等分の花嫁第5巻より引用

 

5つ子の中の火薬庫とも言うべき二乃。溜まり溜まった不満が爆発した感じのお話です。

 

そして寄りにも寄って二乃以外で一番融通が利かなそうな五月と喧嘩することになるなんて最悪な展開。

当然二人は自分から謝ろうとせず、二人とも家出。風太郎がいろいろやるという展開です。

 

完全に家庭教師のやることではありませんけど、二人を仲直りさせないと勉強を教えることができませんからね。

 

さらに悪いことに同時進行であることが起きていたのですがそれは次巻で。一応フラグというか、それを暗示させることは話の中に出ていますので。

 

やることやって八方ふさがりの風太郎。その風太郎の前に現れたのは風太郎の初恋の子?

どうしてこのタイミングで。やっぱり彼女の正体は五月?

 

 

終わりに

 

今巻はここで終了。

最後の最後で凄いことになりましたね。まさかあの子が風太郎の前に現れるなんて。

 

これアニメでやったら声で全部わかってしまう気が。まあその辺は上手くやるのでしょうね。

 

ただ風太郎の初恋の子の話を知っているのは五月だけ。またあの公園にいるかもしれないと知っているのも五月だけですからね。

 

でも五月と風太郎が深夜話している時、誰かが二人の話を聞いていたような描写があったので他の4人の可能性もあります。ホントあの初恋の子の正体は誰なんでしょうね?

 

さて今回のおまけ漫画がゲームの話。

 

さすが金持ち。そんな風に解決するなんて風太郎も予測できなかったでしょう。


次巻では風太郎とあの子の話から始まります。そして5つの生活にも大きな変化が。

次巻も見どころ満載ですよ。

 

第6巻の感想記事はこちらからどうぞ。

【漫画】五等分の花嫁第6巻の感想「フータローが家庭教師辞めちゃった」

 

第6巻ではフータローが自ら家庭教師を辞めることに。それに対して五つ子が取った行動はちょっと予想を超えてましたわ。