【漫画】食戟のソーマ第36巻の感想 「創真とえりなの戦い(?)は続く」

ソーマ36巻の表紙

食戟のソーマ第36巻より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

ソーマも今巻で最終回です。

ちょっと急ぎ過ぎな感じもしなくはありませんが、できる限りの伏線を回収したのは見事かと。

あと最終的に創真とえりなの腐れ縁は続くって感じの終わり方も良かったと思いますわ

 

本作の場合、ハーレム要素が強い割に創真の気持ちがほぼシークレット状態で、どうなるかわかりませんでしたからね。

 

まあ流れ的に見ると今後えりなとくっつきそうな気配はありますが(ほぼ確実だけど)。

ハッキリとくっつく姿を見たいという気持ちもありますが、あとは読者が想像してくださいというのもアリかと。

冴えカノみたいにはっきりさせ過ぎると、くっついたヒロイン以外のキャラのファンが苦しくなりますからね。

ほぼ確実だけど、別のキャラとくっつくかもしれないという可能性を1%でも残せば、他のキャラのファンもそれを拠り所にできますから。

 

第35巻の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

【漫画】食戟のソーマ第35巻の感想 「えりなママ登場!!そして創真はリベンジ開始!!」

 

第35巻は創真VS朝陽がメイン。

ただ朝陽の品が先に審査されたので決着はほぼ決まりました。

 

 

スポンサーリンク

朝陽はやっぱり創真に敗北…そして朝陽の素性が明らかに

 

第35巻で創真を煽るだけ煽っていた朝陽さん。

まあ先に料理を完成させて審査も先にやっている以上、どんなに勇んでも負けがほぼ確定ですから。

本作では先行が圧倒的に不利。

よほどのことがない限り、先行が勝つことはありません。

 

そして今回も案の定…。

 

創真の作ったチャーハンに完封負けを喫した朝陽さん。

これで彼の野望も終わり。

 

後は寂しく立ち去るのみ…と思ったら、朝陽の素性が後々明らかになります。

 

実は朝陽さん、とあるキャラの息子だったのです。

 

その結果、裏の料理人と手を切り、遠月学園で講師として活躍することになった朝陽さん。

何やかんやで勝ち組やん。

 

えりなと結婚することなかったけど、「薙切」の苗字を名乗ることができるようになったし。

これだけ書けば誰の息子なのかほぼわかるかも。

対象となるのは3人ぐらいしかいないので。

 

仙座衛門のじいさん、アリスパパ(えりなの叔父さん)、そして…。

 

 

BLUEの決勝は創真VSえりな!!勝者はどっち?

BLUEの決勝は創真VSえりな。

ただしえりながまたちょっと鬱モードに。

ホント面倒臭いヒロインさまです。でも大丈夫。しっかり創真がえりなのやる気を引き出します。

その結果、創真負けちゃったんですけどね。

 

創真はえりなとの確執の始まりであり、かつ、仲直りの品でもある卵料理で勝負したのに。

まあ、えりなを復活させたので創真も満足…してないw

 

えりなに負けたのが悔しくてたまらないソーマは海外へ。

遠月十傑第一席の仕事を放っぽりだして武者修行に行ってしまいます。

 

らしいと言えばらしいですけど、周りにどんだけ迷惑かけるんだよ。

まあ、創真がいなくても遠月学園はしっかりと回りますからね。

 

えりな総帥以下、創真以外の十傑が仕事できる者ばかりですから。

 

さすが玉の世代

仙座衛門のじいさんが「神の舌」を持つえりながその力に押しつぶされないために日本中、いや世界中から集めた優秀な若者たち、いわゆる玉の世代。

しかし田所までかき集められた1人だったとは意外でした。

創真と仲良くなる前は落第寸前の劣等生だったはずなのに。まあ、少なくとも才能はあると見做されていたのでしょうねえ。

 

スポンサーリンク

創真とえりなの戦いではなく、腐れ縁は続く

 

えりなたちが遠月学園を卒業して数年。

久しぶりに創真が日本に帰ってきます。

新作料理でえりなの神の舌に挑むために。

 

以前は城一郎相手に料理勝負をしていた創真ですが、現在は相手がえりなに変わっているようですね。

えりなも忙しいでしょうによく勝負を受けますね。

まあ、えりなも創真に対していろいろな感情があるのでしょう。

 

そして創真とえりなの勝負に立ち会うために多くの仲間たちが参集してきます。

 

この辺のノリはまさにエピローグ。

大人気作品にだけ許される特権ですね。

ネットでは打ち切りになったという噂が一部ありますが、本当に打ち切りになっていたら、ジャンプの連載が終わったと同時に作品自体終了になったはずですので。

 

主なキャラの現在の状況を記すとこんな感じ。

  • えりな:遠月の総帥
  • 秘書子:えりなの秘書
  • 田所:実家の旅館の板長兼日向子先輩の店の助っ人
  • 吉野:ニクミや叡山先輩と食肉流通ビジネス
  • その他の極星寮のOB&OG:吉野たちのお手伝い

 

それ以外のキャラの現在の状況は是非購入してご確認ください。

 

 

極星寮の中でも差が出てますねぇ。

なぜ吉野だけが優遇されるのか?

まあ、ジビエ選考だったので、ニクミや叡山先輩と組ませるのに丁度良かったのかもしれませんね。

 

あと伊武﨑と榊はまだ名前が出るだけマシ。

丸井と青木と佐藤は名前は出ないし、一同が集まるシーンにもいないし。

ここはちょっと可哀想と思いましたわ。

 

さて勝負の地、お食事処ゆきひらに向かう創真は朝陽から聞いた言葉から自分の母親のことを思い出します。

 

そして城一郎とずっと勝負を続けた訳を。

 

勝ちたいという気持ちともう一つの気持ち。

 

この辺の流れは本当に上手いです。

前述したように創真の恋愛感情についてはずっとシークレットでした。

でもこのシーンで多くの読者は確信したはず。

 

そして創真が出した不味い料理を食べた後のえりなの顔。

良い顔です。ツンツンしているえりなもいいですけど、こういう「やれやれ」という顔もいいですね。

長い付き合いになって創真のことは何でもわかっているような感じのやれやれ。

 

最後はあの言葉で〆で食戟のソーマ終了です。

 

 

終わりに

 

正直BLUE編になってから昔と比べてイマイチ感が強かったですが、この36巻は素直に楽しめました。

少し寂しい感じもしますが、終わり方としては最良だったと思います。

 

作品の最後にはジャンプを代表する他の作品の漫画家さんたちの絵とコメントが掲載されております。

興味のある方は是非購入しましょう。

 

 

最後に。

ソーマという作品は本当に面白かったです。

私はアニメからファンになりましたが、漫画も大いに楽しめました。

次回作期待しております。

面白い作品本当にありがとうございました。